バッテリーは何のために搭載されているのかと聞くと、最初にエンジンを掛けるときに必要だと考えている人が多いようですが、これはバッテリーあがりでエンジンが始動できないというトラブルが非常に多く発生し、一般的にもトラブルの代表例として広く知られていることからそのように思いこまれることが多いようです。実際にはそれだけでなく、走行中も停車中も様々な面で活躍しています。エンジンの始動後も各種電子部品に電源を供給しているというのが簡単なイメージです。ヘッドライトや運転席の電子メーター、ル–¼Ì–¢Ý’è-2ームライトやサンルーフの起動電源、ワイパーを動作させるモーターなどなど、本当に多くの電源を供給しています。また、最近ではアイドリングストップの商品が大変増えていますが、このアイドリングストップを可能にしたのはまさにこのバッテリーなのです。アイドリングストップは、信号や踏切での待ち時間にエンジンを停止させてガソリンの供給を抑える仕組みですが、このエンジン停止状態で最低限の機器を動かしてくれているのは、電源が確保されているからなのです。オーディオや空調がエンジン停止中でも快適に動作してくれているのは陰で支えてくれる見えない立役者のおかげなのでした。