さあ、車を運転しようと思ったときに、一番困るのは、バッテリーがあがってエンジンがかからないことではないでしょうか。このバッテリーというものは、1度買ったらずっと使}PgžxQえるわけではなく、経年と共に徐々に弱くなっていきます。走行中に充電することができますが、その充電する能力も経年と共に徐々に弱くなっていき、ついには寿命を迎え、交換が必要となってきます。また、普段からの利用状況によってバッテリーの寿命は左右されます。同じ、週に2回運転する人であっても、1回5分程度の人と、30分程度の人ではバッテリーの消耗度も変わってきますし、夜に運転することが多い人は、ヘッドライト等の電装類をよく使うことになるので、それだけバッテリーに対して負荷をかけることになります。また、ほとんど運転しない人の場合は、バッテリーが充電されるタイミングすら発生しないことになるので、これもバッテリーに対して負荷をかけてしまうことになります。このような理由で寿命を迎えたバッテリーは、ガソリンスタンドやカー用品店で充電をしても、一時的に回復がしますが、またすぐに使えなくなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。
バッテリーは消耗品で、定期的に交換するもの。そのように覚えておくとよいと思います。