クルマはバッテリーがなければ、エンジンをかけたり、ライトを付けたり、ワイパーを動かしたりすることができ太陽02ません。つまり、走行することができないということです。小さな部品ですが、クルマにとって重要な部品の一つなのです。ところで、使い続けていくと、携帯電話などと同様に、やがてバッテリーは切れてしまいますので、充電しなければなりません。携帯電話ではれば、コンセントやパソコンなどに充電器を差し込み電気を充電しますが、クルマの場合はどのように充電しているのでしょうか。

実は、エンジンを動かす時にファンベルトが回転し、それで充電しています。そのためにファンベルトに不具合が生じると、充電されなくなるので、ベルトが緩んだり、亀裂が走ったりしてキュルキュルと異音が発生するようになると要注意です。また、少しでも長持ちさせるためには、定期的にエンジンを動かして充電させることが大切です。車を動かさない状態でも、徐々に消耗していきます。一週間に一度はエンジンをかけて走らせるようにしましょう。また夜ライトを付けたり、エアコンを付けたりすると、消耗が大きくなるので、昼間の運転で充電を心がけるようにすると安心です。パワーがなくなってくると、ライトが暗くなってきた利、エンジンをかけるときの音が弱弱しくなってくるのでわかります。