バッテリーを長持ちさせる秘訣

| 未分類 |

車のバッテリーは大体二年から四年ほどですが使用状況によって長持ちするかどうかが違ってきます。
まずはあまりにも過酷な使用状況では使わないようにしましょう、一日に何度もエンジンをかけるなどするとバッテリー上がりの原因となります。
そしてメンテナンスをしっかりとしておけばかなり長持ちさせることができます。
バッテリーにはバッテリー液が入っていますがこれが少なくなりますとバッテリーに蓄えられる電気が少なくなりバッテリー上がりの原因になってしまうのです。しかしこれは普段からしっかりと点検しておけばいいでしょう。バッテリー液の量は自分でも調べることができます。
もしも減っていると思ったときにはすぐに充填してください。
既にかなり減っている場合には充填をしてももう元に戻らないことが多いのです。
バッテリー液の検査をする場合には液が自分の服につかないように木を付けましょう、服が溶けてしまうこともあるからです。
密封式のバッテリーの場合には検査をする必要がありません。
ガソリンスタンドなどで無料の点検などをしてくれる場合もありますのでバッテリー液の点検をこの時にしてもらうといいでしょう。バッテリーは安いものではありませんのでできるだけ長持ちさせた方がお得です。