バッテリーの仕組み

| 未分類 |

自動車には必ずバッテリーと呼ばれているパーツが備わっていることになります。このパーツに関しては非常に重要な役割を持っており、無くてはならないパーツとして用いられています。その仕組みとしては、利用されているエンジンルームや規模によって様々な規格のものが販売されていますが、基本的構造はあまり大きな変化はなく、箱型のタイプが主流として取り扱われています。中には仕切り板の間に電解液と呼ばれているものが入れられており、上蓋にはプラスとマイナス用のターミナルがそれぞれ設置されていることになります。ターミナルからは、配線が敷かれていることになり、エンジン始動時だけではなく、走行中でも常に稼動しているパーツになります。一般的な構造の中にはオルタネーターというパーツとの連動の仕組みを持っていることでも知られています。オルタネーターは発電機の役割を持っているものになり、一般的にはエンジンが回転している状態であれば、バッテリーに充電を行っていることになります。メンテナンスとしては、電解液の量を確認することと、ターミナルの腐食などを目視することができますが、古くなってしまったバッテリーに関しては、新しいものへと交換することが前提になります。