自動車を走らせるためには燃料であるガソリンが必要、というのは運転免許を持ってない方でも周知の事実です。しかし、実はそれだけではありません。燃料であるガソリン意外にも電気が必要なのです。室内灯やカーオーディオ、パワーウィンドウなど室内環境を支えているものは電気です。また、室外となるとヘッドライトやウィンカー、テールランプなど安全に走行するには欠かせないものにも必要なのです。通常はバッテリーなどで電力を川補っています。ですが通常エンジンが稼動していることで電力を発生させ、バッテリーへの電力の充電を行っているのです。こうすることでヘッドライトやウィンカー、テールランプなどに使われる電力をバッテリーから使い、使った分をエンジンが発電し、バッテリーへ蓄積していくという流れになっているのです。バッテリーの電力がなくなってしまうと、エンジンが発電している電力だけで全てをまかなわなければなりません。カーオーディオをガンガンに鳴らした上体でヘッドライトを点け、ウィンカーを点けパワーウインドウを作動させるなど一気に電力を消費させればエンジンが止まってしまうこともあります。このように、実は電力はとても大事な要素なのです。